イラストのお仕事&イラストルポの連載が始まりました〜

いやぁ…最近なんだか自分のこと以外でせわしなく…

息子の習い事先で担当している係の関係で週末なんて一瞬で終わっちゃうし…

気がついたら花粉バンバン飛んでて目がかゆいかゆいの毎日です。

 

さてさて、お仕事のお知らせを。

去年もイラストを描かせていただいた冊子「ぎゅって新1年生特別号」の巻頭ページに働くママと小学生のイラストを描かせていただきました。新1年生、懐かしいな〜。

iPhoneImage.png

 

そして、イラストルポの新連載が始まりました!

連載先は小学館の女性週刊誌「女性セブン」です。

「セブン」さんは ものすごく昔にトーストのイラストを何度か載せていただいたことがありましたが、今回は拙著『東京23区おみやげさんぽ』を発見してくれた担当さんからの依頼でイラストルポの連載をすることになりました。

内容は、都内のアンテナショップを巡り、定番ではなくレアものを見つけてイラストで紹介する企画です。取材で週刊連載ってのが初めてなのでスケジュール感とかまだつかめなくて手探り状態なんですが、珍しいもの・知らなかったご当地ものが手にとれるアンテナショップめぐり自体は本当に楽しくて!

連載第一回はアンテナショップや物産展はいっつも大盛況の北海道。

日本列島を北海道から南下していく順番でめぐっていく予定です。

現在発売中の12号に『〜都内で日本一周!全国アンテナショップ漫遊記〜レアもの見つけた!』というタイトルで掲載されております!どうぞよろしくお願いいたします〜。

| 連載 | - | - |
連載中&最近のお仕事

【連載中】

● 「女性セブン」(小学館)にて、全国アンテナショップめぐりのルポイラスト
● 「cocohana」(集英社)にて、ご当地おとりよせイラストコラム
「うち旅」(毎月28日発売)

懸賞雑誌「懸賞なび」(白夜書房)の表紙イラスト担当
●あんふぁんweb 月1コラム「実録!私のママ友」イラスト担当

 

【近著】

「マンガでよくわかる 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」(かんき出版)マンガ担当
● コミックエッセイ「わたし、39歳で「閉経」っていわれました」(主婦と生活社)


【キャラクター】

懸賞雑誌「懸賞なび」(白夜書房)の携帯・スマホ向けキャラクター「お祈りねこ こがねちゃん」

●東京都発行「とうきょう子育て応援ブック」キャラクター「え〜るちゃん」

●「無呼吸なおそう.com」(TEIJIN)サイト内キャラクター「夢子さん家」
●高校生1~3年生向け進路ガイドブック「マナビジョンブック」(進研アド)の登場高校生、編集部員のキャラクターメインビジュアル(2015年〜2017年)

 

【イラスト/イラストエッセイ】

主婦と生活社/小学館/KADOKAWA/ベネッセ/サンケイリビング新聞社/白夜書房/PHP研究所 …など

 

【Twitter】@takahashi_miki_ にて たま〜に育児絵日記やってます


※お仕事のご依頼、お問い合せは以下のメールアドレスへお願いします
(★を@に変えて下さい)
takahashimiki.illust★gmail.com

| その他 | - | - |
「PHPくらしラク〜る」3月号
もうちょっとで 確定申告の書類作りが終わる〜…
毎年思うんだけど、一年分をまとめてやる習慣をどうにかしたい…

雑誌のお仕事の紹介を。 発売中の「PHP くらしラク〜る」3月号に"体の不調を捨てる!さらば!更年期トラブル"というテーマで6ページのマンガエッセイを描かせていただきました〜。


『わたし、39歳で〜』に登場する、卵巣を弱らせないために お家でできる 簡単な運動や意識するポイントなどを簡単に紹介してますよ。


| 雑誌 | - | - |
LEE 2月号にインタビュー記事が掲載されています
7日発売の女性誌「LEE」2月号(集英社)
"あなたの卵巣 大丈夫?"という特集に私のインタビュー記事が掲載されています。

私は記事最後の早発卵巣不全当事者としての体験談をお話させていただきましたが、前半は卵巣の基礎知識やQ&A、産婦人科医による専門的な見解などかなり充実した記事になっています。
どうしても婦人科系の話って子宮にスポットが当たりがちですが、生理や女性ホルモンを生み出すおおもとは卵巣なのに意外と情報を知る機会が少ないんですよね。それは『わたし、39歳で〜』を描いていて強く感じたテーマでもありまして。私がそうだったように、もともと生理トラブルが少ない人ほどこういう情報って積極的に読もうとしないんですよね。だから健康雑誌ってよりはさまざまな人が読むような女性誌で取り上げてくれたらなぁと編集担当さんと話していたら…人気女性誌のLEEさんから連絡があったので「ぜひにぜひに!」とかぶせ気味にお引き受けしました。 そしてなんとこの卵巣特集はLEE編集部の担当さんが拙著を読んでくださったことがきっかけで立ち上がったとお聞きしてものすごく嬉しかったです。
ひとりでも多くの人が自分の卵巣のことを考えるきっかけになってくれたら、と思います。
| 書籍 | - | - |
今年もよろしくお願いします
毎年のことですが…
遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
今年も昨年に引き続き自分のペースを大切にイラストのお仕事をがんばりたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いします!

年末年始は仕事や家族の事情でバタバタで、正直気がついたら2019年始まってた…もう一週間もたってる!?みたいな状態でございます。
お知らせもいろいろたまっちゃったな…
少し落ちついたらまたアップします!
| 日記 | - | - |